前へ
次へ

負担が少ない治療方法を選ぶようにする

病気に対しては治療方法が用意されています。
全く同じ症状の時に複数の治療方法から選べるときもありますし、症状ごとにいくつかの治療方法から選択するときもあります。
患者としてはいろいろな意味で負担が少ない治療方法を選択したくなるでしょう。
体の負担が少なく、金銭的な負担の少ない方法です。
医療の世界ではどんどん新しい技術が生まれています。
同じ手術でもできるだけ負担が少ない方法が受けられる可能性があります。
お腹の中を治療するとき、かつては腹部を大きく切開して行う必要がありました。
大きく切開すれば当然その部分が治るのにも時間がかかることになります。
同じ手術が2か所穴をあけてそこから器具を入れて行う方法が取れる時もあります。
小さい穴なので、手術後しばらくすれば傷口もふさがるでしょう。
見た目にも大きな痕が残らないメリットがあります。
医療を選択するときに、負担が少ない方法を選べるならそちらを選ぶようにしてみましょう。

Page Top